スポーツ系

日大から標的にされた関学大クォーターバック

はい。
みなさんこんにちは。
yoshi3です。(ヨシさんと読んでください)

今月6日都内での関学大×日大のアメリカンフットボール定期戦において、

第1クォーターのプレー中、ボールを投げ終えた関学大クォーターバックの選手が

全くの無防備な状態で日大の選手に背後からタックルを受け、

全治3週間のけがを負うというおおよそスポーツマンシップとは程遠い「事故」が

あった事はご存知かと思います。

 

スポンサードリンク

3度に渡るラフプレーで退場。なぜそこまで

 

関学大と日大は、全日本大学アメリカンフットボール選手権、いわゆる

「甲子園ボウル」において東西を代表する宿敵同士でもあります。

歴代最多の51度目出場関学大と、34度目出場の日大は昨年の甲子園ボウル決勝が

29度目の対戦となり、甲子園ボウル最多の対戦。

昨年の甲子園ボウル決勝前の会見においても、日大の山崎主将は「神聖な一戦」

との言葉を残すほど、お互いを良きライバルとして捉えていたはずだと感じました。

 

仮に、このコメントが「会見用」だとしても、お互い歴史のある大学同士で、

もし「ライバルは?」と聞かれれば、お互いの大学名を答えるほどお互いを

認め合っていたのではないかという思いが消えません。

 

今回の件で負傷された関学大のクォーターバックの選手は、

第2・第3腰椎棘間靱帯(きょくかんじんたい)損傷との診断ということで、

運よく神経までは損傷が及んでいなかったため、後遺症などの可能性も

極めて低いそうです。

これも、「たまたま」神経に損傷が無かった事が不幸中の幸いで、

一歩間違えれば、車いすの生活になっていてもおかしくない状態でした。

動画をご覧になられた方は分かると思いますが、ボディビルダー顔負けの選手が

全力で背後から腰の辺りにタックルしてくるんです。

想像できますか?

例えば、ボールを手放す瞬間とか、キャッチする瞬間は、相手が阻止してくる事を

想定していますので、タックルされる側もそれなりの心構えが出来ています。

動画で見ていても、ボールを投げ終え随分時間が経ってからのタックルです。

このプレーが選手の独断で行われる行為だと思いますか?

私には、何かに怯え「やらなければ・・・・」そんな選手の心の叫びというか、

脅迫観念というか、そういった類のものでしか、

自分をその行動に駆り立てる事は出来ない。

そんな風に見えました。

スポンサードリンク

 

雲隠れの監督。なぜ

 

これだけ不自然な選手の行動と、退場させられるまで3度も行われた反則行為。

どう考えても選手個人の判断とは考えにくい事です。

定期戦とはいえ、宿敵同士の戦いの中で「退場しても構わない」選手がいるとは

到底考えられません。

 

これが本当に事故として起こってしまった事だとしても、

チームの責任者である監督が事情説明なり表舞台に立ち、

真っ先に発言すべき行動をとる。それが監督という立場であるはずです。

それが自分のチームの選手が起こした事ならば、なおさらの事でしょう。

大学生だからいい訳では無いはずです。

監督から見れば、全員自分の教え子な訳で、よそ様から預かっている

大切な子供達である事に違いはいありません。

 

日大広報担当者からは「監督の指示ではない」趣旨のコメントが出ているようですが、

今回問題となったタックルをした選手が「退部の決意」をし、監督の指示のもと

今回のプレーを起こした事を明かしたとされています。

 

ルールを守れない、教え子さえも守れない「大人」

 

アメリカンフットボールはTVで観戦している限りでは、1プレーが

それほど長時間に渡る競技ではなく、少しづつボールを前に運びながら、

決められた回数の攻撃でタッチラインを割れるかを競うので、意外と見ている側は、

その本質が分かるまで結構地味な感じに見えています。

ところが、その実ディフェンダーなどは相手がボールを取りに来るのを

体当たりで阻止するため、当たり負けしない様に体作りが半端ではありません。

中途半端なボディビルダーなんかよりは、その体つきもパワーも全く負けていませんし、

今回負傷された選手の「クォーターバック」というポジションにおいても、

あの変形したボールをより正確に、味方の所までパスを投げる技術と、

作戦次第では自身がボールを持ったまま走り込むこともあり、走る技術も求められる。

しかも瞬時にその判断を迫られます。

TVからではとても伝わりにくい超高度な技術をあのグラウンド内で競い合うため、

本場のアメリカでは事故により選手生命を絶たれる事故に合う方も少なくありません。

もし、「プロの方が本気で無防備な選手に背後からタックルをしたら」と考えると、

恐ろしくて想像するのも嫌になってしまいます。

最近は色んな所で「モラル」や「ルール」が蔑ろにされてしまい、

個人の利益や利権の為に弱い者を利用する、そんな「何も守れない大人」が

多すぎる様に感じます。

 

あなたはこの問題、どのように捉えられましたか?

単に一人のダメ監督の我がままでは済まされない事だと思うのは私だけでしょうか?

スポンサードリンク