イベント

伊賀市の観光で子供と出来る忍者体験とおすすめグルメスポット!

みなさん、こんにちは。

yoshi3です。

 

今回は、夏休み!という事もあり、ちょっと目に止まったニュースから

ちょうど夏休みの体験には面白いと思い、伊賀の忍者体験!の事を調べてみました。

 

 

スポンサードリンク

伊賀市が高給忍者募集を偽ニュースとして否定

 

「年収945万なのに忍者不足」というフェイク(偽)ニュースがネットで拡散され

三重県伊賀市に世界中から問い合わせが殺到しているとの事。

伊賀市:岡本栄市長が異例の記者会見にて「忍者は募集していない」と否定されました。

7月5日に米国の記者から忍者を活用した地域振興の取材を受けた後、

「高額で忍者募集」の誤情報が拡散し、世界14ヵ国・120件の問い合わせが

あったとの事ですが、形はどうであれ「NINJYA」が世界を騒がせた事で

海外からの観光客が増えるといいですね。

 

伊賀と言えば忍者!子供と出来る忍者体験!

 

夏休みの思い出作りはどこに行って何をしてもやっぱり楽しいんです。

家族や友達との楽しい体験は生涯忘れられない思い出になるでしょうし、

日常からかけ離れた体験であるほどその思い出は印象的なものになります。

 

伊賀上野でどんな忍者体験が出来るのか?

 

・伊賀流忍者博物館 

世界でも珍しい忍者の博物館で、数多くの「忍術資料」もあり手裏剣や、防具

侵入の道具など実際に忍者が使った道具もたくさん展示しており、忍者屋敷では

忍者装束の案内人が様々な「からくり」を案内してくれます。

 

また、忍者集団「阿修羅」による忍者ショーや手裏剣打ち体験、オリジナルグッズ

販売もあります。

※忍者ショー、手裏剣打ち体験は入館料とは別料金が必要です。

※忍者ショーは休演日がありますのでスケジュールをご確認下さい。

 

・忍者変身処

だんじり会館や街の中に複数ある「忍者変身処」では忍者の衣装を

レンタルする事が出来ます。

衣装は大人用、子供用があり、色もお馴染みの黒から赤や青といった

カラフルな物もあります。

また、変身処によっては「愛犬用」の忍者衣装を揃えているところも

あります。

 

・忍者ツアー

・「成人向けツアー」

・「お子様向けツアー」

・火の谷温泉美杉リゾート「忍者パック」

という3つのコースが伊賀市公式観光案内のサイトに紹介されていますので、

詳しくはこちらを参考にされてください。

 

スポンサードリンク

 

その他の観光スポット

 

まずは上記の忍者屋敷や伊賀上野城がある「上野公園」に行きましょう!

公園内にはお城、忍者屋敷の他にも伊賀で生まれた「松尾芭蕉」記念館や

重要文化財の「俳聖殿」もあります。

 

その次は「城下町」の散策です。

城下町には「だんじり会館」や「武家屋敷」、松尾芭蕉が29歳まで過ごした

生家「芭蕉翁生家」等々数多くの歴史に触れる体験が待っています。

 

また、自分たちで思い思いの観光を楽しむのも良いのですが、

伊賀上野では「いがうえの語り部の会」という団体があり、

事前にメールやFAXにて「語り部要請書」をいう書式で申し込むと、

かたりべの会の方が文化やルーツの解説をしながら観光案内をして

頂けるというサービスがあります。

あらかじめ作られているモデルコース:全7コースから選んで案内して頂くか、

自分たちで作成した観光コースにもご対応頂けます。

こちらも詳しくは公式サイトからご確認下さい。

 

忍者屋敷周辺のおすすめグルメスポット!

 

・kips(キップス)

上野市駅から南東へ徒歩4分ほどのところに、「kips(キップス)」という

カフェがあります。

椎名桔平さんのお父様が経営されているお店なのですが店内の雰囲気や、

器へのこだわりなどが人気の、ちょっと大人な感じのカフェです。

 

・金谷(かなや)本店

上野市駅のお隣「広小路駅」から徒歩2分にあります、「金谷本店」

伊賀牛のすき焼きでは老舗の名店で、肉通を唸らせる絶品のすき焼き店です。

伊賀上野に来れば必ず寄るという人も居るほど。

 

・レストランito

上野市駅から南へ2駅の「茅町駅」から徒歩7分と少し駅から歩きますが、

お店の表と、裏にも駐車場があります。

ガッツリ系です!!

とにかくコスパが最高で、お肉も分厚い!

ご飯大盛を頼むと「3合」のごはんが出て来るとか・・・

ガッツリ系とは思えない小奇麗な建物と内装がその事を忘れさせてしまい、

ついつい「大盛り」と言ってしまう事があるとか・・・その場合は覚悟して下さい。

 

他にもたくさんの名店がありますので、ご自身の足で自分の名店探しをされるのも

忍者の修行には必要かも知れませんね。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ではまた次回の記事でお会いしましょう。

スポンサードリンク