社会

スズメバチの凶暴化時期や天敵はいるの?駆除トラップとは?

みなさん、こんにちは。

yoshi3です。

 

今回は、最近では都市部でも見かける様になりました、あの恐怖の昆虫

「スズメバチ」について色々調べてみましたので、何かのお役にたてれば幸いです。

 

スポンサードリンク

スズメバチが凶暴化する時期とは?

 

 

国内最強の害虫といわれるスズメバチ。

凶暴性ではオオスズメバチがNo.1と言われています。

また、キイロスズメバチも好戦的で最近では都市部でもその姿を見られるように

なってきました。

これも自然破壊によって昆虫たちの住むところが無くなり、都市に移り住んでいる

証拠の一つです。

 

スズメバチによる被害は平均すると年30~40人の死者が毎年出ている状況です。

そして、9月から10月は新女王蜂の成長期で、女王蜂の食糧が必要になるのに反して、

他の昆虫は減少するため凶暴化すると言われています。

 

今年は梅雨が短く降雨量も少なかった事が影響して、スズメバチの数が例年より

大量に発生していると専門家は言われています。

 

早い夏がスズメバチを大量に発生させている?

 

スズメバチは春に巣を作り始めますが、雨に弱い巣は梅雨を迎えると

巣が雨に流されたりしてハチの数が一旦減少するというのが例年の流れ

なのですが今年は梅雨が短く降雨量も少なかったことからスズメバチの巣が

雨の影響を受けずハチの数が減少しなかった事が大量発生につながっているとの事です。

 

しかもスズメバチは暑くなると活動が活発化するため雨の影響を受けなかった巣は

どんどん巨大化しているとのこと。

そのため都市部に巣を作っているスズメバチが住宅地に大量発生する危険性も

十分考えられると専門家は分析しています。

 

住む場所が違うスズメバチ

 

皆さんが一番よく目にするのはキイロスズメバチと言われる種類で、

都市部にも適応しながら生息しています。

主に民家の軒下などに巣をつくりますのでその大きさでスズメバチの巣だ

という事はすぐに分かります。

 

対して最も毒性が強く体も大きなオオスズメバチはキイロスズメバチの2倍

ほどの大きさがあり毒の量はなんと10倍もあるそうです。

 

オオスズメバチは本来森や林に巣を作ったり地中に巣をつくる事から、

姿を見かけてもどこに巣があるのか非常に分かりづらいとされています。

ハイキングなど山歩きをしていて突然オオスズメバチに襲われる

という事があるものはこのためです。

ところが、先にも記述した通りで住む山を壊されたスズメバチが都市部へ移動してくる

可能性がある事と大量発生したキイロスズメバチを捕食するため都市部へオオスズメバチが

やって来る可能性が高いとも言われています。

 

もしスズメバチに出くわした場合は刺激せずゆっくりあとずさりしながら、

その場を離れる様にしてください。

決して大声をあげたり、走って逃げたりしない様にして下さい。

とにかく、この時期はスズメバチの方が凶暴化している事を頭に入れて、

刺激しないようにしてください。
 

スポンサードリンク

 

国内最強害虫にも天敵がいる

 

これはちょっと意外でしたが少年時代によく虫取りに勤しんでいたyoshi3達のなかでも

捕まえると結構自慢できたとんぼの「オニヤンマ」です。

トンボの中でも別格扱いのオニヤンマは実はその美しい風貌とは裏腹に、

肉食で他の昆虫を食べています。

そして、そのターゲットとしてスズメバチまでもがオニヤンマの食糧なのです!

という事は、昆虫界ではオニヤンマが最強?

 

それはまた別の話として、スズメバチを恐れている人間としては、

友好的に捉えているオニヤンマがスズメバチの天敵というのは、

ちょっと嬉しいですよね!私だけでしょうか??

実際には、常にオニヤンマが勝っているのではなく、

捕食したりされたりという関係だそうです。

 

スズメバチの天敵にはハチクマという鳥の方がよほど天敵で、

ハチクマはハチを主食としている鳥でスズメバチの針も効かないとのことです。

自然界の事ですから、強い物が弱い者を捕食する。

姿形ではなく、天敵というのはそういうものです。

スズメバチを駆除するためのトラップとは?

 

スズメバチの巣を見つけたら、迷わず専門業者さんへ連絡し、

駆除して頂く様にしましょう!

但し、巣の位置が分からずハチをよく見かけるなどの場合、

ハチ単体を捕獲して駆除する方法があります。

 

ペットボトルを利用し、スズメバチが寄ってくる誘引剤をいれて、

寄ってきたスズメバチを捕獲するというものです。

元になる巣を取り除けば一番良いのですがエサを探しにやってきた

スズメバチを根気よく単体で駆除する方法です。

このペットボトルトラップの作り方を名古屋市のホームページで

紹介されていましたので、こちらにリンクを貼っておきます。

 

最近よく見かけるなぁ~。と思われたら刺される前にこのトラップを

仕掛けてみてください。

結構、効果があるようです。

 

まとめ・・・

 

数年前からどんどん暑くなる猛暑で、今年は蚊が少ないといった声もよく聞きます。

これも猛暑がもたらした自然のサイクルを狂わせる出来事ですね。

その反面、スズメバチが大量発生するとなればそれなりの対策は必要だと

考える方が賢明です。

 

自然が巻き起こす猛威というのは、何も雨風の事だけではなく

生命のサイクルが狂ってしまう事も自然がもたらした猛威です。

「今年はハチが多い」と感じたら、すぐに業者や市役所へ相談したり、

上記のようなトラップを仕掛けるなど、自己防衛が必須となります。

 

子どもが刺されて大変な事が起きる前に、ハチ一匹をバカにせず、

きちんと対策を取りましょう。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

では、また次回の記事でお会いしましょう。

スポンサードリンク