テニス

C級テニスでもメンタルが色々影響してるってホント?

こんにちは~。

yoshi3です。

今日も「C級テニスはメッチャおもしろい!」にお越し頂き、

ありがとうございます。

今回は、そうです、「メンタル」のお話を少しさせて頂きます。

テニスはメンタルのスポーツと言われるほど、メンタルの状態が

プレーにに影響します。

プロの試合を見ていてもそれがよく分かる瞬間があります。

その瞬間って、お分かりになりますか?

スポンサードリンク

そもそもメンタルを強くするって、どうすればいいの?

 

先ほどの答えは・・・・「優勝」の瞬間です。

トップ選手になるほど、その瞬間まで感情を完璧にコントールして、

いつものプレーが出来るように極限まで集中して、

最後の一球一打までその集中を切らさない様にしているんです。

凄いと思いませんか?

 

なので、その瞬間が来たときの感情の爆発が、

優勝の瞬間のパフォーマンスに凝縮されているんですね。

 

ある人はコートに倒れこみ、ある人はコートに膝まづいて天を仰ぎ、

またある人は、静かにネットへ向かい、相手と讃えあう。

 

それぞれがそれぞれの喜びを噛みしめるんですね。

あれ程の感情の溢れ方をする位自分を抑制しながらプレーするって、

いったいどんな精神力なのか??

想像もつきません。。。。

 

C級テニス野郎の私たちだって練習においても、試合においても、

集中しますよ!集中。集+中。

 

メンタルとは「精神的」とか「心理的」という意味なのですが、

メンタルが強い = 精神的に強い、心理的に強いという事です。

精神力が強いと、集中力も高い次元で維持出来る様になる。

この次元が高ければ高いほど、一つのミスや周りの事に

左右されにくくなるので、いわゆる「平常心」を高い次元で

保つ事が可能になるという事です。

 

私も専門家ではありませんので、難しい事はよく分かりませんが、

ザックリ言うとこんな感じだと思います。

 

我々C級テニスの世界でも、メンタル(精神力)が左右する場面が

多々あり、私が以前見た「ザ・メンタル」な出来事の一つに、

とあるダブルスの試合で、このサーブが入らなければ負ける。

よくある場面ですね。と言うか、しょっちゅうあります。

 

ところが、サーブを打つ方の手が急にブルブル震えだして、

アンダーサーブに切り替えたというのを目の当たりにしました。

その方はサーブが下手な訳ではなく、

むしろ安定したサーブを打たれる方なのに、

ネット越しに見ていてもハッキリ分かるくらい震えていらしたんです。

 

正直、驚きました。

 

私も「最後のサーブ」は何度も経験して来ましたが、

私の場合は、開き直ります。練習でも、なんでも。

 

負けるのはイヤですが、自分の気持ちに負けて不本意な形で終わる方が

もっとイヤなんです。

今出せる力を全部出して、その結果が「ダブルフォルト」でも

いいんです。

メンタルが崩れて平常心が保てず、やりたくもないテニスをした所で、

自分自身が納得出来ない事を自分で分かっているんです。

 

この様に書くと、それはメンタルが強いと言われそうですが、

どうなんでしょう?

 

開き直りや、破れかぶれになる事が「強いメンタル」だとしたら、

常にその気持ちでいればいいという事になりますが、

それは「平常心」ではありませんよね。

 

昔、友人から私はここ一番の集中力がスゴイ。

と言われた事がありましたが、当の本人は全く自覚も無ければ

そんなつもりも、毛頭ないんです。

そんなもんでしょう。

集中してる時に、何かのアニメみたいに「今、俺集中出来てる!」

みたいな事考えないですよ。

それ考えてる時点で集中してないし!

我々の場合、メンタル(精神)と集中力は別の所に存在していて、

集中力は高められても、精神力は高まらない。

サーブを打つ時に集中する。。。。。。

けど、もし入らなかったら・・・と精神面が弱くなり、

結果平常心が保てずいつものプレーが出来ない。

 

で、あればやはり鍛えるべきは精神力!

負けるかも知れないという恐怖心への抵抗力であり、

楽しむ為の平常心を保つ技術を磨く。

これですね!

 

平常心を保つ為の精神力 = 楽しむ為の平常心

 

勝敗にこだわるのであれば、勝つ為の精神力を鍛えなければいけない。

それが、プロの世界です。

 

私の場合「楽しんだ者勝ち」だと思ってますので、

①相手より楽しむ

②勝てたらもっと楽しい。です。

だから、最後のサーブを思いっきり打てるし、

最後の一球まで相手より楽しんで終わらせると思ってます。

 

そもそも、勝敗の基準が少し違う感じですね。

弱い奴の言い訳みたいですが、試合に負ける事は悔しいですよ。

だから練習しますしね。

だからC級テニスに必要なメンタルは、

勝つ為のメンタルよりも楽しむ為のメンタルを鍛える方が、

ずっと大切だと思ってます。

 

という事で、本日はこの辺で。

今日もこのブログであなたと出会えた事に感謝致します。

次回は「練習」について

少しお話させて頂きたいと思います。

 

ではまた次の記事でお会い致しましょう。

ありがとうございました。

yoshi3

スポンサードリンク