テニス

Ⅽ級テニスはバックハンドが難しいからおもしろいってホント?

こんにちは~。

yoshi3です。

今日も「Ⅽ級テニスはメッチャおもしろい!」にお越しいただき、

ありがとうございます。

本日から数回に分けて、色々な「ショット」についてyoshi3の

独断と偏見だけでいろいろ語ってしまうという、賛否の「否」

しか無いような事をやります!

 

スポンサードリンク

そもそも、なぜ苦手ショットがあるのか?よーく考えてみま「しょっと」・・・

 

すっかり場も静まったところで、始めましょうか!

今回はまず、「バックハンド」からです!

 

大抵の方は、え!?なんで「フォアハンド」から始

めないの??とお思いでしょうが、

そんなこたぁ、関係ありませんぜ!

独断と偏見です。

 

ちょっとした変化球混じってる方が楽しいでしょ?

それだけの理由です。

 

では、そのバックハンドですが、なんでこんなに

「苦手」な人が多いのか?です。

yoshi3的な見解としましては、ごく単純な答えで、

 

「しっかり練習していない。」

から、です。

 

それしか無いっしょ!!

当たり前ですよね。

 

決め球がバックハンド!

くらい練習すれば、苦手じゃなくなるわけですから。

ただ~し!そのもっと前に問題の根本があるのでは?と考えています。

それは・・・

 

テニスというものを初めてから、最初はフォアハンドの形を教わって、

徐々に「難しい」バックハンドへ「レベルアップ」する様な

指導を受けている方がほとんどだと思います。

 

もうこの時点で「yoshi3理論」は異論を唱えます。

これから「0」から教わる人に、「バックハンドは難しい」と

刷り込んで、レベルアップしないと取り組めない、

と~っても難しい技なんだ~!って。

取り組む前から脳に「決めつけさせている」んです。

 

これ、もしかして多くの指導者がやってるんじゃないですか?

 

仮にスクールでこの状態だとしたら、独学で覚えていく人が

まともに打てる様になるはずないんです。

だって、自分の周りにはバックハンド苦手な人が「わんさか」

いらっしゃるんですから。

「そういうものだ」と更に追い打ちを掛けて難しくしますね。

 

たま~に、ものすごいフォアハンド打ってるのに、

バックハンドは超初心者・・・な人がいらっしゃいます。

そう、「B・N・T」です。

バックハンド・苦手意識・典型の方です。

 

バックハンドが「簡単」と言ってるのではなく、

「難しい技」だから「出来ない」という意識を持たない事が

上達の秘訣だと思います。

 

「テニスはメンタルのスポーツ」。出来た自分をイメージする

 

一般的にも言われていますし、以前の記事でも少し書かせて

頂きましたが、本当にその通りだと実感しています。

 

なのに、いきなり「苦手意識」植え付けてどーするんすか!?

バックハンドに対する「メンタル」は常に「負け」状態です。。。

 

体の使い方や打ち方など、フォアハンドよりもはっきり個性が出る

ショットですし、「打ちにくい」のは確かです。

だけど、フォアハンドも最初からスパスパ打ち返せないでしょ?

同じようにバックハンドもそれなりに打てるまで繰り返し、

フォアと同じ若しくはフォア以上に、体がフォームを覚えるまで

数を打ち込む練習が必要です。

 

打ちにくい事を「苦手」と勘違いしてしまうと、練習が面白くないし、

面白くないから、ごまかした様な打ち方しかしない。

だから上達しない。

だから楽しくない。。。

だから練習しない。。。。。

完璧な「負」のサイクル完成!

 

おめでとうございます。

これで晴れてあなたは一生バックハンドが上達しないという事が

確定しました。

 

どうです?完璧でしょう?

 

私は別にバックハンドが得意で、いつでも完璧に打てる様な

そんなプレーヤーを目指しているのではないのですが、

最大のモットーとして「楽しむ」事を何度もお伝えしてきました。

 

昔はどんな角度でも、どんな高さでも全く問題なくスマッシュを

打てていたのが、ある時を境にして突然当たらなくなりました。

その原因が分からないんです。なぜなのか????

 

そこから徐々に「スマッシュが苦手」だと勝手に思い込んでしまい、

構えて打つまでの時間に「空振りしたらどうしよう?

変な所に当たったらどうしよう?」と、打てない状態を

頭の中で考えてしまう様になっていきました。

 

そ~~っと合わせに行くような打ち方をすれば、空振りは

無くなりましたが、本来決定打となるはずの「スマッシュ」が

単なる「つなぎ球」になり、自分で自分が嫌になりました。

 

「こんなテニス、俺のしたいテニスじゃない!」

 

私含め後輩達も結構ダイナミックな思い切りのいいテニスを信条に、

「決め球はキッチリ決める!」が私たちのルールでした。

思いっきり打ち込んだ球がアウトするより、ミスを恐れた

「死んだ」球でつなぐような消極的なテニスをしない。

 

それはみんなが「目いっぱい楽しむ」事が根底にあり、

楽しくない事を選択する事の方が恥ずかしい。

「先輩はいつからそんな面白くないテニスになったんですかね~?」

「そうそう、あのドッカーン!つて来る球を、絶対返してやる!って

待ってたのに・・・」

「自分から決めないテニスは先輩らしくない。」

何でしょうね?

人の気も知らずに、好き勝手言いやがって・・・。

俺らしくないテニス・・・。

 

「楽しくない・・・」

 

その気持ちに気付いてから、空振りもミスショットも、

なーんにも怖く無くなりました!

だって、Ⅽ級テニス野郎ですよ?

何を気取って羽根つきみたいな事やってるんや!って。

 

そのスマッシュが勝敗を分ける一球だとしても、

その一球を空振りで終わったとしても、

自分も仲間も皆が楽しめるテニスが出来る事の方がずっと大切なんです。

 

それこそが、Ⅽ級テニスの神髄であり、

「空振り」を肴に仲間と酒を酌み交わす楽しさはⅭ級テニス以外

あり得ないっしょ!

 

B級、A級目指しているなら、もっとそれ用の練習しないと無理です。

それこそ、すべてのショットがワンランク上のレベルに上がらないと。

 

ショットの正確性というのは、ある程度自分で打球をコントロール

出来るくらいになってから、もう少し上を目指して取り込む練習で、

どんなショットも、まずは苦手意識の「勘違い」を

打ち慣れていないだけだ。 と言う事に気付いて、

慣れるまで打ち込めば良いだけです。

 

その際に気を付けるポイントはいくつかありますが、

正直その人の「今」を見ない限り、文字で「こうやるんですよ~」

みたな事は書けないですよね。

それでも、あえて何かを言えるとしたら・・・

 

出来るイメージのお手本はここにある!

 

トッププロのフォームには学ぶ要素がたくさんある!と言う事です。

 

今はネットで有名選手の動画がいくらでも見られる時代です。

自分がこんな風に打ちたいと思う選手がいれば、

その選手の動きをしっかり研究して、まずは真似てみる。

すると・・・

 

ん~何かが違う。。。上手くいかない。

携帯で自分のプレーを撮影をする。

自分を客観的に見てみる。

お手本選手との「違い」を研究する。

修正してまたやってみる。

 

この繰り返しでだけで、実は結構悪い部分が解消されるものです。

これって、どのショットをとっても使える技で、よほど個性的な

「この人だから出来る」みたいな、例えばジョン・マッケンローの

サーブの様な特殊スタイルでなければ、必ずどこかが改善されます。

 

それでもマッケンローサーブは私もよく真似してましたが(遊びでね)、

トスの上げ方が難しくてなかなか安定しないんです。

でも、繰り返し練習していると徐々にサマになって来ますので、

そうなると普通にサーブを打つ際にはトスで悩む事なんて

まず無いです。めちゃ安定してます。

 

今回はバックハンドですので、参考にしたい選手をさがして、

よーく研究する。とりあえず真似てみる。違いを探す。修整する。

これ是非やってみてください。

 

ちなみに私はシングルハンドのバックハンドですので、

お手本選手は昔のエドバーグや、レンドルからはじまって、

最近はやっぱりフェデラーですね。

他にも綺麗なフォームの選手は沢山いらっしゃいますが、

全盛期のフェデラーは一線を画すものがありました。

 

とにかくそれからはフェデラーのフォームを参考に

自分のスタイルを研究しましたね。

その成果として、「たま~に」ですが・・・

「えぐいバックハンド」が打てる様になってしまいました!

まだまだ不安定ですが。。。いくつかの要素がバッチリ重なった時、

その打球は間違いなく「Ⅽ級テニス」のそれでは無いですよ。

へへへへ。で~きちゃったもんね~。

でも、誰でも出来ます。

間違いなく。

 

ということで、本日はこの辺で。

今日もこのブログであなたと出会えた事に感謝致します。

次回はショット②として、サーブについてお話させて頂きます。

ではまた次の記事でお会い致しましょう。

ありがとうございました。

yoshi3

スポンサードリンク